派遣会社の説明とタクシードライバーの話

男女

派遣会社で行える様々な仕事

派遣会社では、たくさんの仕事があります。自分の好きな仕事を選んでもいいですし、難しいとされている仕事に挑戦してみるのもいいでしょう。自分の知識や経験、スキルなどが通用するかをしっかりと見極めていきましょう

READ MORE
タクシー

運転だけじゃないタクシー業務

ドライバーの目的は、利用者を安全に目的地まで運ぶことでしたが、最近ではもっと客に満足して貰うように様々な取り組みが行われています。それらの取り組みについていけるようにどんな業務になっているのかを調べてみましょう。

READ MORE

タクシーの種類は一つじゃないって知ってた?

タクシーは一般的には乗用車で5人乗りが基本です。しかし、大型のバンタイプのタクシーでは5人以上乗る事が出来るのでかなり便利です。こうしたタクシーがあることを知っておけば、利用時にはお得になります。

タクシードライバーの一日の業務

一日の始めにはまずアルコール検査

ドライバーが仕事のタクシーでは、まず一日の初めにアルコール検査を各自で行います。当然飲酒状態ではお客を乗せるどころか自分が運転することもままならない為しっかりと検査をします。

不備がないかの確認・車両点検

タクシーはお客を乗せ、運ぶための大事な商売道具になります。その車両に不備がないかをきちんとチェックを行なってから営業します。車両点検は出発前に必ず行っています。

一日の業務を事前にチェック・点呼

点呼は、アルコール検査や車両点検が終わった後に行われています。この点呼は、業務の開始の合図であり目標などを掲げることで意識を高めることに繋がり、社内連絡もこの点呼で行っています。

業務スタート・出庫から営業

点呼が終わり次第、各自割り振られた車で営業を始めます。ドライバーによってどの方面を走るのかを決められていることがあるので、そのルートに進みながらお客を探し仕事をしているのです。

営業最後には入金と洗車

営業が終了する時間帯になれば、自社に戻ります。その時に売り上げを入金、使用した車を洗車して業務終了になります。洗車後に、再度使用した車の点検を行なう会社もあるようです。

タクシードライバーになるために必要な物

no.1

しっかりと運ぶ「運転技術」

タクシーでなくてもドライバーとして必須な「運転技術」は、利用者の命を預かっているということをしっかりと認識するためにも欠かせないものになります。安全運転でないドライバーは信頼性もないです。

no.2

利用者を驚かせる程の「知識」

いつもの道も「知識」が豊富なタクシードライバーが通ると思わぬ道でショートカットが出来たりします。また、渋滞を避けるように違う道から通ることも出来るので道の知識を持つドライバーは好感度が高いです。

no.3

サービス業で重要な「愛嬌」

運転中にずっと無言になってしまうと気まずい雰囲気と感じる利用者もいます。こういった場合に、何か一つ話でも出来ると車内の雰囲気も良くなり、目的地への道も楽しく感じてくれるでしょう。

no.4

外国人でも大丈夫「語学力」

観光地などでは外国の観光客も多いです。こうした方々を乗せる場合に「語学力」があればどこへ行きたいのかをしっかりと聞き出す事が出来るので役立ちますし、外国の観光客も安心して利用できるでしょう。

no.5

お客に合わせて臨機応変「対応力」

様々なお客を乗せるタクシーでは、お客に対して臨機応変の対応しなくてはなりません。あくまでもタクシーは、サービス業の一環になっているので接客ということを忘れてはならないのです。

多種多様なタクシー業務

タクシー

タクシーに求められる知識

タクシーは利用者を目的の場所に運ぶという役割があります。そのため、運転技術や道に関する知識が必要になってきます。また、タクシーのドライバーになるためには二種免許の取得が必要になります。

タクシー業務の移り変わり

タクシーの業務は年々変わってきています。最近では、観光を行なうタクシー会社も出てきており、ドライバーはその土地の知識も必要になってきているので、運転に関する知識や技術だけでは足りないのです。

観光タクシーの運転手になるには

観光タクシーの運転手になるには、まずタクシーに必要な二種免許の取得が必要になります。また、その土地に詳しくなる必要もあるので歴史の知識も必要です。外国人を乗せることも考えると、英語も出来ていたほうがいいですね。

タクシー会社に入社する方法

多くの求人でタクシードライバーの募集がされています。ドライバー未経験者でも気軽に受けることが出来るので、気兼ねなく応募してみましょう。運転技術は、仕事を行なっていくことで向上していきますので安心して下さい。

雇われから個人まで様々な内容

基本的にタクシードライバーは会社に雇われていることが多いですが、会社で培ったノウハウを活かし、個人でタクシー業務を行なうことも出来ます。しかし、初めから個人でタクシー業務を行なうことは簡単ではありません。そのため、まずは顧客を掴みやすいので会社に入るほうがいいでしょう。